現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 歴史 名前:管理人
2018/08/16(Thu) 19:27 No.1125 


そらさせさん、ご意見ありがとうございます。
山下茂太郎氏は明治から大正時代、昭和に入り息子さんの八郎氏が金糸飾りを制作されたと理解しています。それらの金物飾りの技巧は現在の縫い師さんではなかなかできない、と、少なくとも二人の現役縫い師さんからお聞きしました。
では、そらさせさんが言われる江戸末期から明治にかけての金糸飾りはどのようなものだったのでしょうか?
太鼓台には金物飾りを付けていたはず、今よりずっと質素であったと想像します。当時の金物飾りの写真等あればいいのですが。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: