掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/13(水) 23:23 No.391  操作


391の画像を原寸大表示します たいへんご無沙汰しています。
伊予西条、榮町HPより来ました。

資料集に

■西条市と丹原町の合併
西条祭りはだんじりや太鼓台等の山車中心の祭りだが、丹原町にそのような文化はない。合併後は「西条市」となるため、町民からは、「丹原の秋祭りも西条祭りになるのか?」という声も上がっている。

という朝日新聞の記事が紹介されていました。

しかし、私たちの聞き取り調査では古くより丹原の町にはだんじりやみこしだんじりがあったと言い、古写真や古い部品も残っています。記者は丹原の町と田野とを混同して書いたものと思われます。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/13(水) 23:33 No.393  操作

393の画像を原寸大表示します 2008年4月20日に40年ぶりに丹原町上町に御輿楽車(みこしだんじり)が復活しえびす神社春祭りに奉納されました。
丹原で長年廃れていた「文化」が復興したのです。
太鼓の叩き方や囃子も丹原流で西条とは少し異なります。

福岡八幡神社の秋祭りにも出る準備をしています。
祭礼日は10月15,16日です。

春祭りの「えびす神社」は丹原の「町」の氏神。
秋祭りの「福岡八幡神社」は丹原のもう少し広い範囲の氏神。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/13(水) 23:38 No.394  操作

394の画像を原寸大表示します 高欄や車の模様など昔を意識しての復興です。

西条市と合併したことで、旧西条市の御輿楽車関係者の協力もあって復興は進みました。西条流や新居浜流に画一化することのないよう丹原の独自性を大切に復興しました。
ただ、予算の問題もあり、西条の御輿楽車の部品(房、車など)を使えるものは修理して流用し、土居町蕪崎より新居浜型の中古太鼓台を購入して改造、復興しました。旧西条市の楽車大工の棟梁や鉄工所、刺繍師の協力もあり、何枚かの古写真を元に丹原流の御輿楽車として復興していきました。
歌や囃子は古老に聞き取り「文化」を伝えることができました。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/08/14(木) 07:17 No.395  操作

お元気ですか?こちらこそごぶたさしています。
丁寧なご説明ありがとうございます。又、時代考証に貴重な写真参考になりました。
新聞及びメディアの報道は正確さに欠けること、多々あること、実感しています。今後ともよろしくご意見お願い致します。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/14(木) 11:48 No.397  操作

397の画像を原寸大表示します 管理人様、太鼓台研究も進んでいますね。

さて、丹原の御輿楽車ですが、復興後、東京に住む丹原上町出身の古老に喜んでいただき、昭和20年代の「動いている古写真」を送付していただきました。
復興したことで、遠くに住み昔を知る古老が喜んでくださり「秘蔵」していた貴重な写真を公開してくださったのでした。
何枚かの鮮明な写真によって、布団締が古式な形態であったこと、上水引幕は八岐大蛇とスサノオ、クシナダヒメだったこと、土台正面には飛龍の刺繍があったことなどが判明しました。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/14(木) 11:52 No.398  操作

398の画像を原寸大表示します 復興に携わった者は、この写真を見て喜びました。
上水引、下水引を備えた当時の御輿楽車の運行の様子は、復興したイメージとそう遠くなかったからです。

「丹原町にそのような文化はない。」などと衰退しきった時の状況だけから言わせたくはないと思いました。

画像は40年ぶりに復興した御輿楽車写真をセピア調にしてみました。
少々飾りが大きく派手になったけれど、新発見の古写真とそっくりな「丹原流」になっていました。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/14(木) 12:04 No.399  操作

399の画像を原寸大表示します 愛媛新聞ではきちんと取材をしてくださり、40年ぶりの復興を大きくカラーで報道してくださいました。

朝日新聞の記事の場合は、
「高齢化で担い手不足に悩む祭りや伝統行事が、市町村合併によって、さらに衰退していくのでないか・・・広域で行われる「平成の大合併後」は異なる民俗文化圏にまたがるため、地域文化の画一化が促進されるおそれがあるという。」という結論が先にあり、丹原町の一部である「田野上方の綾延神社の秋祭り」と「丹原町全体の秋祭り」を混同して、古来だんじりで賑わったが衰退した「丹原町福岡八幡神社秋祭り」についての取材がないまま「丹原町にだんじり文化はない。」と記事にしたと思われます。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/08/18(月) 05:33 No.400  操作

おはようございます。397と398、見事です。写真を対比させて頂き素晴らしい伝統が維持継承されていることを感じました。
新聞報道のあり方には、個人的にも常々、歴史認識等、疑問を持っています。結論を見出すための強引な手法には、これが日本の新聞なのか?とさえ思ってしまうこと多々あります。
へんぷくさん、ありがとうございます。当サイトの今後の運営にも大変参考になっています。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/18(月) 23:51 No.401  操作

401の画像を原寸大表示します 管理人様 ひきつづき失礼します。

丹原町 田野上方の綾延神社の秋祭り

伝統的なすばらしいお祭りです。
ここには、「だんじり文化」はなかったのかもしれません。

しかし、丹原町でも「町」のお祭りにはダンジリが出ていたのです。


  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/18(月) 23:53 No.402  操作

402の画像を原寸大表示します 田野組の屋台だんじり

昭和63年に西条市氷見の末長より購入したもの。
「西条祭り」の影響を受けて、有志で購入したのでしょう。
綾延神社祭礼とは関係なく運行しているようでした。
紋も「○に綾」ではなく「田にの」です。

「綾延神社祭礼にそのような文化はない。合併後は「西条市」となるため、氏子からは、「綾延神社の秋祭りも西条祭りになるのか?」という声も上がっている。」ということでしょうね。

といっても、昭和63年購入ですから、もう20年以上前のことです。
合併とはあまり関係ないようにも思えます。


  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/19(火) 00:15 No.403  操作

403の画像を原寸大表示します 丹原町 田野上方の綾延神社の氏子の方に違和感があったのは理解できます。

それを丹原町全体といっしょにしては困ると言うことを言いたかったのです。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/08/19(火) 07:25 No.404  操作

おはようございます。へんぷくさんの丹原町への強い思いが伝わり読みいっています。
わがままなお願いですが、へんぷくさんのこの御投稿記事一連を当サイトで大切な資料として編集(改ざんは致しません。)したく思っていますが如何なものでしょうか?御理解頂ければ有難くおもいますが・・・。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:へんぷく 2008/08/19(火) 18:15 No.405  操作

405の画像を原寸大表示します ありがとうございます。
「資料室」や「徒然私考」などが充実していて
本当に「太鼓台を考えているんだなあ」と思い、
掲示板に投稿し、足跡を残した次第です。
どうぞ、ご利用ください。

  
 

題名:聞き取り調査から  名前:へんぷく 2008/08/23(土) 08:33 No.406  操作

○丹原町のみこしとだんじり 沼田明翁 談 明治38年生まれ

西部(上町)に、みこしがあった。今は房と締太鼓だけ残っている。
みこしは金糸で刺繍。三角に出て、房がついて、大きな車があった。二輪で木の車。
ひっぱりよった。
羅紗の赤黒の重に竜の布団締めがついとった。
〆には目玉や爪があった。去年の2月に焼いた。
会所が古くなって雨漏り。くさってしもとった。
昼提灯もあった。

だんじりは上町、下町、久妙寺、願連寺、今井、池田に6台あった。
(西条市橘坂元・北山の先々代屋台が丹原町久妙寺に譲渡されている。)
久妙寺の橋を「だんじり橋」という。
大正の始めくらいまでは、にぎやかだった。
西部(上町)と東部(下町)に2台残っとった。

上町のだんじりは国安村の田中なんとかいう人が彫った。
前に「うーわん」の鯉がついとった。

                  (1991年聞き取り)


  
 

題名:丹原の秋祭り  名前:へんぷく 2008/11/23(日) 22:33 No.440  操作

440の画像を原寸大表示します たいへん遅くなりました。もうお祭りから1ヶ月以上・・・。
丹原町上町みこしだんじりは春は地元のえびす神社、秋は氏神福岡八幡宮に奉納します。
丹原公民館で10月15日の夜に蝋燭提灯を付けて運行しました。
だんじり5台、みこしだんじり2台、子供太鼓台2台の参加でした。
ご報告まで。

  
 

題名:丹原の秋祭り  名前:へんぷく 2008/11/23(日) 22:47 No.441  操作

441の画像を原寸大表示します 祭礼日が重なるので見ることができないと思います。
鉦太鼓に車での練り。
みこしだんじりならではの動きです。

提灯の付け方も、ところ変われば違いますね。
数は少ないのですが、西条風に「喜多濱みこし」の方から付け方を伝授していただきました。
これで蝋燭が燃えないのが不思議!

投光器のライトアップは風情がないと思います。

  
 

題名:Re: 丹原の祭り  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/11/24(月) 07:45 No.442  操作

へんぷくさん、こちらこそ、ご無沙汰しています。
蝋燭提灯、素晴らしく風情が感じられます。まさに、蝋燭が燃えないのが不思議です。提灯へのこだわり=伝統文化の伝承・・・私はそう思います。
祭りは終わったばかりですが、来年へ向けてより頑張って下さい。



題名:続・かき太鼓  名前:真堂 2008/11/19(水) 20:56 No.436  HomePage 操作


436の画像を原寸大表示します なんとか広い場所まで担いできた場面です。途中で色々な障害物を避けながら、置いては担いでを繰り返しながら何とか予定の1/3まで到達し、ゴマを取りに行っている間しばしの休憩。ゴマを外した姿は一層重量感が増しています。この後、ゴマを入れて集会所まで帰りました。
  
 

題名:Re: 続・かき太鼓  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/11/20(木) 10:25 No.437  操作

こちらから返信致します。
中下のかき太鼓素晴らしいですね。
栄町は商店街です。商店街内でかき太鼓を実施するのですが、寂しい限りです。一つは、お店にはテナントも多くテナントの方々で栄町の住民は少数です。又、テナント以外のお店でも栄町で生まれた方も少数です。むしろ、お店以外の方が生粋の栄町住民なのです。私共は、かき太鼓をする理由の一つに地元の皆さんへの感謝があります。通りに出てきてもらって見て頂き、拍手などして頂ければ最高なのですが、現状は盛り上がりに欠けます。愚痴ではなくこれが現実ですね。
真堂さん、あつかましいお願いですが、この掲示板での中下の写真、当サイトで利用できないでしょうか?御負担にならないようお返事頂ければありがたく思います。

  
 

題名:Re: 続・かき太鼓  名前:真堂 2008/11/20(木) 20:54 No.438  HomePage 操作

438の画像を原寸大表示します 管理人さん、どうぞご自由にお使いください。動画も撮りましたが、ここでは投稿できないので違うところに後日置きます。栄町太鼓台のカキ太鼓はビデオでしか見たことがないのですが、担ぎ手の意気込みが伝わってきますね。継続は力なり、続けていくことに意義があり、そして可能性が無限大になるのではと?けっしてイベントや突発的な勢いではなく計画と意義を見出して行っている事に、地区の太鼓台として奉納する意味があるように思います。中下も1/3近くが最近20年以内に住まわれた方々です。戸数は増えましたが、子供も担ぎ手も減る一方です。でも後を付いてくる女性は増えました、子供の変わりに。これも流れですかね
  
 

題名:Re: 続・かき太鼓  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/11/21(金) 08:17 No.439  操作

真堂さんありがとうございます。早速当サイトで利用できるよう準備しました。
川原町の御婦人が「かき夫が雨でかわいそうじゃけん、あったかい鍋作ってあげよう。」と言われているのを聞きました。羨ましく思いました。栄町太鼓台も歴史を重ね、町全体で祭りを迎えることができればと思います。



題名:中下太鼓台 かき太鼓  名前:真堂 2008/11/18(火) 23:45 No.433  HomePage 操作


433の画像を原寸大表示します 15日昼から荒神社から集会所までの予定でかき太鼓を行いました。初めを撮影していたのですが周りの方が順にかき太鼓に加わる中、気づくと参加してました。10年以上ぶりに担いだ中下太鼓台は相変わらず重く、結局目的地の半分ほどで終了。終了間際は勢いもついて20メートルほど一気に行けたのですが、来年は事前に棒割するか担ぎ手を増やさないと集会所までは困難かと。集会所から担いで神社に宮入なら可能かもしれませんが、いかんせん2.5トンを40人ほどで担ぐのは無茶かもしれません
  
 

題名:Re: 中下太鼓台 かき太鼓  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/11/19(水) 06:33 No.434  操作

栄町の場合、70人前後でかき太鼓をしています。差し上げする為にはもう少し人数がいります。太鼓台を軽くできればいいのですが、とんぼの中味を発泡に変えるぐらいでしょうか。
中下の皆さん、大変かも分かりませんが、是非頑張って今後も実施して下さい。
地元の方々(かき夫ではない)の反応はどうでしたか?栄町の場合、あまり反応がないので少し残念に思っていますが。

  
 

題名:Re: 中下太鼓台 かき太鼓  名前:真堂 2008/11/19(水) 20:41 No.435  HomePage 操作

地元の方は拍手で迎えてくれましたが、担いだ場所が集落の中心部だったので観客は周辺の方のみでした。男性は順々に担ぎ手に加わっていただき、担ぎ終わるときは観客は大半が女性でした。昨年は担いで交差点から宮入りしたのですが、人数が多く落とさず宮入りできたので、担ぐのは昼は県道〜集会所、宮入は集会所〜神社までとすればいける気がします。それにしても、かき夫が減りました。再建当初は子供も綱を引っ張ったり、学年ごとに横に乗ったりしてましたが、今は子供も数えるほどしか参加してません。仕事柄、全面参加はできないので担ぐときだけでも参加したいと考えております。担ぐのは、やっぱ楽しい!でも肩布団が必要です。


題名:写真ありがとうございます。  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/11/15(土) 07:24 No.431  操作


妻鳥S情報さん、はじめ、貴重な写真ありがとうございます。
今後とも、お気軽に写真を御紹介下さい。



題名:狭い路地は・・・・・  名前:妻鳥S情報 2008/10/21(火) 22:33 No.428  操作


428の画像を原寸大表示します 狭い路地には掛布団を外して、若い衆が各家庭を回ります。
地域の細かなご協力には、当然でしょう!!



題名:4台初集合  名前:妻鳥S情報 2008/10/21(火) 22:30 No.427  操作


427の画像を原寸大表示します 妻鳥三皇神社内に、4台太鼓台が集まりました!


題名:無題  名前:Jr. 2008/10/16(木) 19:13 No.426  操作


426の画像を原寸大表示します 今年もみなさんお疲れさまでした。
来年もがんばりましょう。



題名:14日 駅内にて  名前:一観客 2008/10/15(水) 00:38 No.425  操作


425の画像を原寸大表示します 中日(14日)、夜太鼓で上げの太鼓が駅で待機している中、浜の太鼓が恒例(?)の挨拶。写真は中須です。
このまま帰ってしまうのかと思いきや後ろ向きのまま駅まで戻って来てくれました。さすが期待を裏切りません。
この後、西の浜そして東町が練りあいをしていきます。こういうのがあるとやはり盛り上がりますね。



題名:妻鳥町平木太鼓台 お披露目  名前:真堂 2008/10/05(日) 20:15 No.417  操作


417の画像を原寸大表示します 2008/10/5 平木太鼓台が大人太鼓台としてお披露目。十三時より三皇神社宮司による神事が行われ、14時頃に地区内運行へ。雨脚が激しく、合間を見て運行した。

  
 

題名:Re: 妻鳥町平木太鼓台 お披露目  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/10/05(日) 20:32 No.418  操作

真堂さん、いつも貴重な写真ありがとうございます。
お披露目運行、雨の中大変だったと思います。
平木太鼓台関係者の皆様お疲れ様でした。
秋祭り本番も頑張って下さい。

  
 

題名:Re: 妻鳥町平木太鼓台 お披露目  名前:chima 2008/10/05(日) 22:46 No.419  HomePage 操作

419の画像を原寸大表示します おめでとうございます。

  
 

題名:Re: 妻鳥町平木太鼓台 お披露目  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/10/07(火) 07:33 No.420  HomePage 操作

chimaさん、いつもありがとうございます。
金具は金と拝見しました。カッコいいですね。
かえすがえすも雨が悔やまれます。

  
 

題名:Re: 妻鳥町平木太鼓台 お披露目  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/10/12(日) 07:32 No.424  操作

先日の妻鳥町平木太鼓台のお披露目運行は雨の中予定通り実施されました。O.R.さん情報ありがとうございました。又貴重な御意見、当サイトで保存させて頂きました。今後とも宜しくお願い致します。
14日は雨模様、頑張って運行しましょう。



題名:旧 東予市三津屋の御輿  名前:へんぷく 2008/08/23(土) 08:41 No.407  操作


407の画像を原寸大表示します ○旧 東予市三津屋のみこし 
   一色熊八翁(明治40年生まれ) 談

写真は昭和29年10月10日撮影

お祭りは10月10日。みこしは、今はない。
公民館がボロになって修繕もせずと建てていたがこわしてしもた。
売らんと始末したが十分知らん。車はくさらせてしもた。
2台あった。ずっと昔からある。わしらが生まれるずっと先からあった。
川が境で川北と川南に1台ずつあった。
北が黄色と黒の車で南が赤と黒の車だった。
南三津屋の布団は赤と黒だった。色違いの赤黒段々。
刺繍は竜じゃの蛇じゃの昇り龍、波じゃの。
トンボは白と赤と青の三色のネジリンボウだった。
提灯は昼は布に刺繍した長い提灯で夜は紙を貼った丸い提灯を四ッつけて蝋燭を灯した。
隅に四ッだけ。へらは、全然。
台の下に彫り物があった。公民館の物置に2台ともさくまいよった。
2台共同でもっていた。曳くのは北と南に分かれていたが経済的には共同で管理していた。
周布にもみこしはあった。
壬生川には西条みたいなかくだんじりが町々にあった。小十台あった。
壬生川町にはたくさんのだんじり。そして多賀村字三津屋(北三津屋、南三津屋)は2台のみこし。
わしらが20歳頃(大正のはじめ)はよかった。にぎやかだった。
この辺では、ほうぼうから祭りを見に来ていた。
修繕するにはそうとうお金がかかる。
あの時代にこれをこさえたのはかなりの有力者がおったんじゃろ。

                 (1991年聞き取り)

  
 

題名:Re: 旧 東予市三津屋の御輿  名前:へんぷく 2008/08/23(土) 08:46 No.408  操作

408の画像を原寸大表示します 旧周桑郡(東予市、小松町、丹原町)が西条市に合併して、祭りの「西条祭化」が進んでいるように言われていますが、大正初期までは壬生川近辺も丹原近辺も「だんじり」「みこし」で賑わっていたようです。
戦後までは、その名残があったことを多くの人たちが忘れています。

その御輿が、西条の江戸時代の絵巻「細見図」に描かれた物とそっくりです。
赤黒段々の重。黒塗りの組高欄に乳隠し。

この時代のものが譲渡され残っていたのでしょうか。
かなり古い形です。

  
 

題名:旧 東予市周布久枝の御輿  名前:へんぷく 2008/08/23(土) 09:03 No.409  操作

409の画像を原寸大表示します 旧東予市周布久枝の御輿は、明治時代に西条市新町より譲渡されたとの伝承が残っており、新町御輿(画像右)として復活、現在は「西条市こどもの国」に江戸時代の御輿(西条市指定民俗文化財)として展示されています。

この御輿は「伊曽乃絵巻」(画像左は中西)とそっくりでした。

周桑に古式の西条御輿が残っていたようです。

  
 

題名:Re: 旧 東予市三津屋の御輿  名前:へんぷく 2008/08/23(土) 09:18 No.410  操作

410の画像を原寸大表示します 旧 東予市三津屋の御輿

昭和29年10月10日撮影。

三津屋北組と三津屋南組の2台が据えられています。
「北が黄色と黒の車で南が赤と黒の車だった」といいます。
後(写真左)が黄黒(北)、手前(写真右)が赤黒(南)に見えます。
隅提灯にも「南組」の文字が見えます。

  
 

題名:Re: 旧 東予市三津屋の御輿  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/08/24(日) 07:32 No.411  操作

おはようございます。
情報ありがとうございます。
素晴らしい熱意を形として当サイトで構成させて頂きます。
私ごとですが、今夏ばて、夏風邪で体調回復に努力しています。宜しくご理解下さい。

  
 

題名:Re: 旧 東予市三津屋の御輿  名前:へんぷく 2008/08/26(火) 06:27 No.412  操作

おはようございます。
急に涼しくなりました。
管理人様、御身御大切に。

http://bbs.avi.jp/270634/

西条市榮町上組のHP 掲示板「坊主」もご覧ください。

  
 

題名:Re: 旧 東予市三津屋の御輿  名前:太鼓台研究会 管理人 2008/09/17(水) 07:32 No.414  HomePage 操作

へんぷくさん、おはようございます。
本日、太鼓台資料室で「丹原の祭り文化の復興」をアップしました。資料本当にありがとうございました。尚、お気付きの点ございましたら何なりと御指摘下さい。
掲示板の御覧の皆さん、祭りへの情熱あふれる「榮町上組」のホームページ、是非御覧下さい。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
03/23 () 1
03/22 (金) 9
03/21 (木) 3
03/20 (水) 4
03/19 (火) 6
03/18 (月) 12
03/17 () 6
合計: 63400

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web