記事NO. 190 のスレッドへの 返信フォーム です


題名:名寄風連獅子 に由来 名前:兀下義博 2012/10/27(土) 18:31 No.190 

富山県南砺市上梨(五箇山)地区に弘化3年(1846年)頃に氷見大窪村の大工が伝えたのがこの地区の始まりという。『天狗』のある 雄獅子という。その後同地区の田向・篭渡地区に 10年くらい遅れて『獅子殺し』のある雌獅子が大窪の大工によって導入された。 明治30年頃同地区の上平村楮(こおぞ)に伝わり、ここから北海道に移住したという。 同地区の演目は『舞い込み』
『よしざき』『ぎおんばやし』『教ブリ』『七五三』『獅子殺し』『きりまぜ』があります。近くの西赤尾には『天狗の横跳び』があります。 この辺からの伝承と思いますが・・・10人立ちの大獅子です。

  
 

題名:Re: 名寄風連獅子 に由来 名前:たれぞう(管理人) 2012/10/29(月) 19:08 No.191  HomePage

兀下義博様、ご訪問ありがとうございます。
また、貴重な情報を頂きまして、ありがとうございます。

風連獅子舞は、『風連町史』によると、楮獅子舞が伝わったとあります。五箇山地方は氷見の影響を受けていると聞いていますが、やはり氷見の大工さんが伝えたのですね。現在の風連は「きりまぜ」を舞っていないようですが…。なぜか北海道では「きりまぜ」が消えていますね。どこかで舞っている所がありましたら、情報をお寄せください。

五箇山地方、もう一度行ってみたいですね。今度は平、上平方面の獅子を見てみたいと思います。

余談ですが、私は今週末富山です(^^;

演目名などから、伝承元がある程度分かりますので、とても貴重な情報です。
ありがとうございました。

  
 

題名:Re: 名寄風連獅子 に由来 名前:兀下義博 2012/12/14(金) 21:30 No.195 

【こいろまぜ】とわ 【京ぶり】と【七五三】を組み合わせた舞で、唯一左回りで舞う。
岐阜県白川村に 前半シシトリ棒、後半太刀男物てまう舞うが有ります。
白川村平瀬で【七五三】 同萩町で【吉崎】 同飯島で【大牧吉崎】と呼ばれています。音楽的には同じという(ぎふ民俗音楽)
白川村の獅子は4人立ちで大正の初めに【田向】系の舞が調節でなく何処かを経由して伝わり、二人立ちの獅子舞と融合して4人立ちの獅子舞となっています。 楮の【きりまぜ】は来年取材する予定です上梨・田向・篭渡・白川村6か所の獅子舞の記録ありますが・・・


このスレッドの返信数は 2件 です。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)