現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:名寄風連獅子 に由来 名前:兀下義博
2012/10/27(Sat) 18:31 No.190 


富山県南砺市上梨(五箇山)地区に弘化3年(1846年)頃に氷見大窪村の大工が伝えたのがこの地区の始まりという。『天狗』のある 雄獅子という。その後同地区の田向・篭渡地区に 10年くらい遅れて『獅子殺し』のある雌獅子が大窪の大工によって導入された。 明治30年頃同地区の上平村楮(こおぞ)に伝わり、ここから北海道に移住したという。 同地区の演目は『舞い込み』
『よしざき』『ぎおんばやし』『教ブリ』『七五三』『獅子殺し』『きりまぜ』があります。近くの西赤尾には『天狗の横跳び』があります。 この辺からの伝承と思いますが・・・10人立ちの大獅子です。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: