現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:ビルドブースター武装・工作案その2 名前:練磨
2013/11/20(Wed) 17:34 No.2730 


2730の画像を原寸大表示します これは僕の好みでやったのですが、
腕甲を上下反転して、仮で両面テープで
本体へと接着。ライフル部のグリップの下が
棒の稼働部分が収まっていたところへくるように
納めてやるとうまく密着します。接続部は
ないので仮で練り消しで接続。

写真でみると右が工作済みで左が正位置のキットに
従ったものです。工作したほうが一体感があり、
流れも自然ではないでしょうか?

接続は受けを作って(ウェーブ?のプラサポを
使って可動も可にする)プラ棒かなにで接続
すればOKかと。これなら柔軟性や互換性。
見栄えもいいのではないでしょうか?通常の
シールドもつけられますし。

腕甲の反転は僕の好みと見栄え的にこうしただけなので
正位置では接続方法を変えるか、取り付け位置を
他の部分にするかあるいはキットの棒を短くするか
でうまくフィティングできるかと・・・
(あてがっただけではっきりといえなくてすいません。)
場合によっては干渉するところを開口しないと
いけないかもですが・・・

可動をさせない固定式と接続ならば上の方法でいいと
思います。



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: