原寸大

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名1年0組
コメント まぐおさん、皆さん、ご無沙汰しておりました。
1年半ほど前、椎間板ヘルニアを患って以来、クラブいじりも控えており、ここのところ、改めて書き込むようなネタもなかったんですが、ちょいとしたハプニングがありましたので、ご報告いたします。
ことの初めは、先週の中頃、オニスラさんから
「こちらの若いのをコースデビューさせる予定だったんですが、仕事の都合で行けなくなったんで、空きが出来ました、」」
こんな連絡が来て、私もひまっだったので、お付き合いすることになりました。
場所は桂が丘CC,INスタートの午前中のハーフは何事も無く・・・・・、いや、あり過ぎて、とてもご報告できる内容ではなかったんですが・・・。 (^^;
事件は、後半の4番ホールで起きました。
見ての通り、左が高くなった段グリーンで池越え、ピンはこの画像で真ん中くらいでしたでしょうか、このレイアウトでは右に外したら、全部池ポチャです。
(この画像で右端あたりが次のティーグランドで、前の組は詰まっているのか、ティーショットを打てないで待っていましたが、これが後で幸運となりました。)
無意識のうちに右を怖がっていたのかもしれません、つい力が入ってしまったショットはヒッカケ気味にピン左6〜7yd方向へ。
「アッ!、チョッと引っ張っちゃった」
打った瞬間、そう言って、ボールの行方を目で追っていると左の段の傾斜に落ちたボールが大きくスライスしながらスルスルとピンに向かっていくではありませんか。
「オッ!、寄ってく、寄ってく」
「行けー!」
「入っちゃえ!」

コーン!!  (聞こえた気がします)

初めてのホールインワンです。 \(^^)/
 
「何ヤード何番で入れたんだって?」 そういう野暮なこと聞かないでください。
もちろん、
「で、ラウンドはなんぼであがったの?」こんな質問は論外です。 (^^;;

次のティーグランドで待っていた方々も、気づいて下さり、拍手で祝っていただきました。

ホールインワン保険はハウスキャディ付きのラウンドに限られ、セルフプレーではおりないと思われていますが、全く関係のない第三者の証言が確認され、コースがそれを証明してくれれば支払い対象になることもあるということを知っていましたので、ラウンド終了後、キャディマスター室で、この事を話し、前の組の方に目撃証明のサインを頂くことが出来ました。
今朝、保険会社にいきさつを報告したら、ホールインワン保険も降りそうです。
\(^^)/

ただ、加入の時にケチって、
「人さま傷つけることがあったら、まずいから事故に関する事はしっかりしておかなきゃならないけど、ホールインワンは、あって困る事じゃないんだから」
ということで、賠償部分は最高額に設定していましたが、ホールインワンのところは20万円しか入ってないんです。 
50万円くらい入れときゃ良かった、残念!! (^^;;
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 500pixel × 332pixel (17 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs2.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=mrmagoo

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト