原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名NU ELECK SYN SIN
コメント お久しぶりです、老人です。
 初荷が無くて遅ればせながらの登場です。
手持ちの時計をレストアしたので、良く見る時計ですが、ご紹介します。
 メーカーはドイツともオランダとも聞いていましたが、オランダが正解と分かりました。詳細は下記URLを参照下さい。
 産地は欧州最初の時計工業地帯オランダのZaan地方とのこと。ロゴと思われていた題記は、To each his own なる標語のようです。17,18世紀に造られた物で、添付は戦後の復刻版と思われます。上部の鈴の上に地球を担いだアトラスが載っています。添付はRich man's clockで装飾が豪華で、錘は洋梨型です。Poor man's clockは装飾が質素で、錘は円筒だそうです。主としてドイツに輸出され、目覚ましとしてテンタルもあったとか。


http://www.antique-horology.org/_Editorial/NuElckSynSin/
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 Panasonic / DMC-F7
焦点距離 / 35mm換算 5.3 mm /
シャッタースピード 1/30
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Fired
サイズ 519pixel × 1026pixel (134 kB)
撮影日時 : : : :
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs2.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=timekeep

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト