原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します
PR
題名Re: 失火とTPSの数値異常
コメント お返事すっかり遅くなってしまいすみません。
詳細な測定方法ありがとうございます!

本日テスター片手に220℃までアイドリングしてみましたが症状再現できず、ファンでシート下にも熱風送り込んでみましたがやはり問題なく動作…。なのでテスターを使う事ができませんでした…。ただ、TPSに問題があるのであれば温度的に再現可能なはずで、仮にECMの熱暴走であれば熱風および動作時間による自己発熱足りないのでは?
と考えシート下に風導板を入れサス下およびサイド廃熱口に廃熱させシート内温度を下げて見ることにしました。
同時にECM両面に放熱フィン+熱伝導グリスを塗った物を貼り付け実走行してみました。

結果は気温が下がっているせいもあるかもしれませんが前回トラブルのあったルート中心に2時間、80kmほどなるべくエンジンに負荷をかけ走りましたが220℃でも全く症状出ずでした。どうやらアドバイス頂いたECMの発熱が原因のようです。

ただ、根本的に治った訳ではないので試走繰り返すと同時に予備ECMの入手をしなければと考えています。
手順としてはこのような感じでいいのでしょうか?


写真は左が今回、右が前回です。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1426pixel × 865pixel (176 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
掲示板URL http://bbs2.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=yoriton
スレッドURL http://bbs2.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=yoriton&mode=view&no=1024&list=all

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる